時代箪笥・浮世絵

古伊万里と時代箪笥の館 知永古美術館

古伊万里と時代箪笥の館 知永古美術館

古時代箪笥(各種 約70点)

江戸から明治にかけての箪笥類は各々の産地により素材・デザイン・作り方に特徴があります。
装飾用金具も地域によりデザインが異なり、全国的に地方色豊かな箪笥文化が花開いた時期と言えます。
また、種類別では船箪笥・水屋箪笥・薬箪笥・行商箪笥など、それぞれの用途に応じた箪笥が全国に幅広く普及していました。
旧家の蔵戸や長火鉢・銭箱などの民具にも、良き素材と匠の技とが調和した素晴らしいものが多くあり、100年以上経った今でも、そこから発せられる「気」を感じ取ることが出来るでしょう。

浮世絵(3枚組 約80点)

幕末から明治にかけて揚州周延の美人図3枚組など、周延の作品を中心に当時の風俗を表すものの展示により、幕末~明治という歴史の大激動期の世相を垣間みることが出来ます。
また尾形月耕の「美人図屏風」は明治初期の朦朧体の作として観画会(現日本美術院の前身)の他の作品と共に、山種美術館の「美人図展」に展示され、地方にも巡回展示された作品です。

古伊万里/柿右衛門/時代箪笥/民具類/浮世絵

古伊万里と時代箪笥の館  
知永古美術館

menu

 close
 close